端子抜け検査機 (L135×W38×H115)


販売価格:価格:63,800円〜(8%税込68,904円)〜(※表示価格は税込価格です。)
1、特徴
  • コネクタに挿入された端子抜け不良を発見すると同時に導通の確認が出来ます。
  • 端子抜けの検出には、プローブピン(接点付き)を使用します。
  • プローブピンのスプリング圧力は1.0Kg、1.5Kg、2.0Kgの3種類です。
  • サンプルのコネクタと端子を用意して頂ければ、専用の端子抜け検査機を製作いたします。(見積り:サンプルが届いた当日FAX、製作納期:注文後2週間以内)


2、構造・概要

検査機にセットされた1.0Kg〜2.0Kgのプローブピンでコネクタに挿入してある端子を加圧します。端子が完全挿入されている物は、プローブピン内の接点が接触し、電気が導通する。端子が不完全挿入されている物は、プローブピンの圧力で端子がコネクタの外に押し出され、接点が接触せず、電気が導通しな い。

3、用途
  • コネクタへの端子抜け確認検査
備考(コネクタセット状態)