会社情報

会社情報

ご挨拶

代表取締役社長 名倉 光雄

弊社は創業以来、自動車、家電品、産業機器、医療機器、など各種のワイヤーハーネスや成形品、塗装品、電装組立品を製造販売致して参りました。お客様から信頼される物造りを目指し常に創意工夫を心掛け確かな品質を造り込むため日々精進しています。

これまで、業界で先駆的な自動機導入、会社設立時からパート内職システム構築、多工場展開による雇用確保、治工具開発による効率標準化など独自施策を推進し、会社の基礎を確立しました。

近年の景気低迷期には、積極的な新規顧客開拓、周辺技術獲得による製品開発、工場人員の再配置などの施策を継続的に実施し今日に至っています。

今後とも、より良い製品の提供を通しお客様のご信頼を頂き、お客様と社会の発展に貢献することを大きな目標として弊社従業員一同、誠心誠意、努力し成長して参りたいと願っております。 名倉 光雄

会社概要

会社概要

商号
株式会社中静工業所
住所
静岡市清水区永楽町11番89号
TEL
054-371-1037
FAX
054-371-1038
創業
昭和35年4月(1960年4月)
会社設立
昭和38年2月(1963年2月)
代表取締役社長
名倉光雄
資本金
6,000万円
従業員数
275人

沿革

1960年4月
有限会社中静工業所を設立し、旧下野工場に於いて自動車用電装品の製造を行い、株式会社小糸製作所と取引を開始。
・・・
すべて表示
1963年2月
会社組織を株式会社とする。
1963年10月
三菱電機株式会社と取引を開始。家電専門工場として押切工場を設立。
1979年3月
高橋工場を設立し、自動車並びに家電向増産・設備増強を図る。
1986年12月
下野工場を全面移転し、新築・拡張を図る。
1988年7月
松野工場を設立し、家電並びに自動車向増産・設備増強を図る。
1989年8月
通産省電気用品取締法に基づく「温度ヒューズ」製造事業者認可を取得。
1991年7月
内田事業所を設立し、家電向事業拡大を図る。
1995年3月
飯田事業所を設立する。
2000年11月
国際的品質システムであるISO9002を取得。
2002年8月
現地法人 中静 (香港) 有限公司 を設立。来料加工工場 中静電気廠 を設立。
2005年7月
ISO9001を更新取得。
2006年5月
東京中小企業投資育成株式会社から出資を受け、資本金を3,000万円から6,000万円に増資。
2006年9月
現地法人 CHUSEI (THAILAND) CO.,LTD. を設立。
2006年12月
CHUSEI (THAILAND) CO.,LTD. BOI認可取得。
2007年4月
松野工場を移転新設し、根方工場を統合。
2007年7月
佐賀事業所を設立。
2008年5月
エコアクション21認証取得。
2009年4月
ULワイヤリング・ハーネス・プログラム認証取得。
(認証番号 E329334 認証品目 WIRING HARNESSES)
2009年8月
中静 (香港) 有限公司 解散。
2009年8月
佐賀事業所を移転及び大幅拡充。
2012年8月
押切工場を内田事業所に統合移転。
2015年5月
九州佐賀工場を設立。
2017年5月
CHUSEI (THAILAND) CO.,LTD. の新工場を設立し、全面移転拡張。
2018年10月
九州佐賀工場を拡張し、佐賀事業所を統合。

主要取引先(順不同・敬称略)

  • 株式会社小糸製作所
  • 三菱電機株式会社
  • 小糸九州株式会社
  • 株式会社ニッセイアイソレイト
  • 株式会社デービー精工
  • 東亜電気工業株式会社
  • 住友電装株式会社
  • 日機装株式会社

主要仕入先(順不同・敬称略)

  • 光商工株式会社
  • 矢崎総業株式会社
  • 住鉱テック株式会社
  • オーテック株式会社
  • 黒田電気株式会社
  • 日本圧着端子製造株式会社
  • 日本端子株式会社
  • 株式会社クラベ
  • 株式会社タイセイ
  • 高橋電線製造株式会社
  • Chusei (Thailand) co., ltd.

組織図

組織図

企業理念

経営方針

  1. 明るく楽しい職場をつくろう。
  2. 確実な製品を最高の効率で作り出そう。
  3. つねに創意工夫を心掛けよう。

品質方針(IS09001)

顧客満足の工場を目指し、全員の参加をもって
Q(品質)・C(コスト)・D(納期)の更なる継続的な改善を推進する。

環境経営方針

【環境理念】

株式会社中静工業所は、ハーネス等電装品の生産活動を通して、
全員参加で環境保全活動に取組む

【基本方針】

  • 環境保全活動は、次の項目を重点活動として継続的改善に取組みます
  • ① 二酸化炭素排出量の削減
    ※電力使用量と軽油投入量の低減
    ② 廃棄物排出量の削減
    ※3R活動による廃棄物の削減
    ③ 水道使用量の削減
    ※一般生活用水の節水意識向上
    ④ 化学物質使用量の把握
    ※適正量の購入維持
    ⑤ 環境に配慮した製品作りの推進
    ※梱包方法等の見直し、不良品率の低減
    ⑥環境負荷低減と費用低減を両立
  • 環境関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します
  • 環境に配慮した製造活動を中心に、環境経営の継続的改善を実施します
  • 社内へは環境方針を全従業員に周知徹底を図り、社外へもHPを通じて環境経営レポートを開示します

主要設備一覧

製品加工機械設備

全自動切断圧着機
43台
半自動切断機
12台
チューブ切断機
7台
半自動圧着機(10t)
4台
半自動圧着機( 7t)
1台
半自動圧着機( 3t)
91台
端子曲げプレス機
4台
油圧プレス
2台
ロボット半田装置
3台
スポット溶接機
7台
ホットメルト成型機
2台
高周波誘導加熱式ボルト圧入機
3台
高周波溶着機
7台
超音波溶着機
6台
噴霧塗装用ブース
1台
塗装熱風乾燥装置
1台
塗装用ガス乾燥炉
1台
フライス盤
2台
ボール盤
3台
各種組立専用機
73台

試験検査装置

水防試験機
7台
絶縁試験器
3台
耐電圧試験器
3台
温風循環式恒温槽
3台
点灯器チェッカー
2,784台

品質への取り組み

ISO

ISO9001認証取得
下野工場・飯田事業所・高橋工場・九州佐賀工場
で認証取得
登録証PDFを表示します

UL

ULワイヤリング・ハーネス・プログラム
ULワイヤリング・ハーネス・プログラム
認証工場:松野工場
認証PDFを表示します
UL認証番号 E329334

ULワイヤリング・ハーネス・プログラムとは

ワイヤリングハーネスプログラムとは、ULのトレーサビリティプログラムの一つであり、加工された電線のUL認証を保証するためのプログラムです。

ULの詳細な情報はこちら
the standard in safety

品質保証体系図

品質保証体系図

環境への取り組み

エコアクション21

【エコアクション21とは】

環境省が策定した日本独自の環境マネジメントシステム(EMS)です。
PDCAサイクルの手法を基礎とし、環境経営の仕組みを構築し運用できる方法が定められています。

エコアクション21
国内全工場で認証取得
登録証PDFを表示します
環境レポート